サーフポイント

サンクレメンテ周辺の波質

IMG_3510

ノーススウェル(北うねり)

通常10月から3月の秋から冬の時期にやってくる力強いうねり(アリューシャンストーム)です。非常に力強いうねりで、あのビックウェイブスポットで有名なマーベリックスもこの冬のノーススェルでブレイクします。一般的にこれは、グランドスウェルとも呼ばれます。

 

サウススェル(南うねり)

4月から9月ごろの春・夏の時期にやってくるうねりです。このうねりは、南半球で発達した低気圧によりもたらされます。長い距離を経て、カルフォルニアにたどり着く ために非常にくっきりとした質の高いうねりなのが特徴です。頻度は少ないが、南うねりがカルフォルニアにやってきた時はショルダーの張った素晴らしい波となります。この波も非常に波の間隔が長いのが特徴です。

 

ウインドスェル(風波)

季節に関係なく常に起こる風なみです。うねりの間隔が近く、ややチョッピー気味ではあるのですが、サウススエルやノーススェルが無い時でも、カルフォルニアでサーフィン を可能にしてくれる貴重な存在です。特にカルフォルニアでは北西の風がジェット気流によって頻繁に吹くため、この気流によって、よくこのウインドスェル が起こります。

 

ハリケーン

メキシコの沖で夏にまれに起きる台風。この台風が起こると、サウススェルに似た波がカルフォルニアで起こります。オレンジカウンティーにある有名なサーフポイ ントの”ウッジ”は、この台風によってもたらされることもあります。

水 温 

P1070205-001

春(3月〜5月)

春のカリフォルニアは気圧配置の関係で、ジェット気流の影響が強く出ます。そのために風がNorth West(北西)から強く吹き付けます。波の大きさは案外あるので、もしもやるならば風が若干弱めの朝一が狙い目です。

 

夏(6月〜8月)

夏のカリフォル二アは日本の夏と比べて湿度が極めて低いのが特徴です。じめじめした感じが少なく、日陰に入れば、汗もすぐにひき、とても快適です。夏は、南よりのうねりが良いので、南うねりに敏感に反応する場所がグッド。

 

秋(9月〜11月)

秋のカリフォルニアは大陸に高気圧が張るケースが多くなり、これが有名な”Santa Ana Wind”と呼ばれるオフショアを生み出すことになる。波も南と北の両方から入るので天気がよく、風もオフショア、そして波も良い日が多い。

 

冬(12月〜2月)

冬はアリューシャン海域で発達した低気圧がカリフォルニアに大きな波をもたらします。北カリフォルニアや中央カリフォルニアでは、この低気圧の影響で雨が降ってしまうこともあるのですが、南は雨の影響は案外少ないようです。波は、北のうねりをうまく受ける場所であればいい波が楽しめます。

 

サンクレメンテ周辺のサーフポイント

サンクレメンテ周辺には、サーフィンに最適なサーフポイントが点在しています。各サーフポイントについてご紹介していきます。